☆ふきの旨煮の作り方☆

■ふき

ふきの旨煮

 ふきは、桜が散る頃から出回り出します、
香りがきついので、好き嫌いが多いですが?
私は、ふきの香りを楽しんでお酒を飲むのが好きです。
 このページでは、ふきの旨煮と葉っぱを使った 
ジャコとふきの葉のお浸しを紹介します。
 HOMEへ
ふきの旨煮
@まず、ふきを下湯でします。
 出来れば、切らずに熱湯で湯がいて、ポンっと音がしたら湯がきあがりです。(鍋が小さい場合は、1分弱湯がいて下さい)
Aふきの皮をむきます。
 右の写真のように、包丁か爪で根元の皮の部分をつまんで引っ張ってむきます。
Bボールかパイレッシュに、
 ・出し汁 5
 ・薄口醤油 2
 ・味醂   1
を入れて、Aのふきを5cmぐらいに切って、ふきを浸します。
C Bを沸騰した蒸し器に入れて5分ぐらい蒸します。
 (鍋で炊く場合は、煮立ったら火を止めます。)
 蒸し器から取り出し、ゆっくりと冷まして出来上がり。
 ・この方法を、冷ましていく時に味をしゅますので、ふくませ煮と言います。色が変わらず風味が逃げにくいです。
ふきの葉とジャコのお浸し
@上記の、旨煮で使ったふきの葉が残るので、
葉っぱを使います、葉っぱは 1枚づつ綺麗に洗って2cm幅に切ります。

A・ちりめんジャコ 50g
 ・@の葉っぱ 1束分
 ・出汁  180cc 
 ・薄口醤油  大さじ1

BAを鍋に掛け、一煮立ちさせます、じゃこから塩味が出ますので、これで出来上がりです! 
ふきの葉とじゃこのお浸し
 このページへ来て下さり、有難う御座います。

 このぺージの調理行程は、簡単に説明しています。
私ども調理人も、人それぞれ、行程は違います、あくまで、
やってみようと思われたときの参考にしてください!

 出来れば、ノート等に書き記して、メニューのレパートリーに
入れておけば、失敗した時は、そのノートに、「辛かった」
「焼きすぎた」などと付け加えておけば、
造るたびに、美味しくなり、自分の料理と変化していくと思います。


 なお調味料の分量を書いてあるページは、あくまで目安です、
地域や個人の好みで味付けは変わります。

 また、調味料によっても変わります、日本の代表的な醤油なんかは、
地方によって甘い物、塩の効いた物色々あります。

 当方は、関西在住なので、薄口醤油をよく使います、
薄口醤油は色は薄いですが塩が効いています、
味を調えるときは醤油の量を抑えますので、参考にしてください。
家庭の料理は、家族の味です、最後は皆さんが味見をして味を調えてください。
よく聞かれる調理法
四季の料理レシピ 雑学色々
かにの湯がき方

土鍋でご飯の炊き方

天ぷらの揚げ方

湖国郷土料理
四季の料理レシピ

春の料理レシピ 
夏の料理レシピ
秋の料理レシピ
冬の料理レシピ

素材別料理レシピ
すし用語

調味料、合わせ調味料

食中毒予防

食の安全
ページトップ  HOMEへ
リンク集 (料理レシピから食に関するサイトが一杯)
食の安全1  家庭料理レシピ1  専門別料理レシピ  料理基本・女性お役立ち  食品ショップ1   グルメ・食情報 料理屋さん1 
 お気に入り・友達1  生活に役立つリンク1   その他お役立ちリンク1
  ネットショップ1  相互リンク1   
Copyright (C)  All Rights Reserved 2006